お知らせ

歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)が設立されました。

hirac_070509.jpg
HiRAC設立記者会見。副代表幹事に選任された当財団理事長の藤本草(右端)

 「歴史的音盤アーカイブ推進協議会 Historical Records Archive Promotion Conference」 (略称HiRAC ハイラック)が、2007年4月27日に設立されました。財団法人 日本伝統文化振興財団は、他の5団体とともに設立に参加しています。

20世紀前半に録音メディアとして重要な役割を担っていた初期のレコード(SP盤)は、年月の経過とともに散逸、消失、劣化が進んでいます。一方、現在までレコードメーカー各社の工場に保管されてきた、SP盤のプレス製造原盤となる金属原盤も、第二次世界大戦の戦禍による消失、散逸と金属錆等による劣化が進み、そこに記録されている今や貴重な音源の喪失が危ぶまれています。

HiRACは、歴史的・文化的価値の高いこれらの音源を保存し、広く公開、伝承することで、日本の文化と音楽産業界の発展に寄与することを目的に設立されました。

保存の対象となる音源は、1900年初頭から1950年頃までに国内で製造されたSP盤および金属原盤に収録された音楽・演説など約7万曲(音源)の見込みです。順次、音源の調査と探索、データのデジタル化や整備、さらに保存と運用に向けて検討を進め、2011年度からの公開を目指しています。

日本の伝統文化の伝承は、当財団の設立目的の一つであり、これまでにもSP盤の名演奏をCDに復刻するなど、貴重な音源を発掘するとともに、そのデジタル化と紹介に意欲的に取り組んでまいりました。しかし、明治・大正・昭和のすぐれた演奏や得難い記録の音源を保存し、後世に伝えるためには、組織の枠を超えて取り組むことが急務であると痛感しています。

このたびHiRACの設立により、その第一歩が踏み出されました。当財団としても、日本の伝統文化の将来のために、積極的に推し進めていく所存です。ご協力、ご支援のほどお願いいたします。

[HiRAC設立趣意]

かつて時代の世相を伝えるメディアとして重要な位置づけを占めていたSP原盤が、時代の経過とともに、散逸・消失・劣化し始めている。

文化的資産であるこれらの原盤を保存し、広く国民に公開、伝承することをもって、日本の文化と音楽産業界の発展に寄与する。

[参加団体]

  • 日本放送協会(NHK)
  • 社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)
  • 社団法人 日本芸能実演家団体協議会(芸団協)
  • 財団法人 日本伝統文化振興財団
  • 特定非営利活動法人 映像産業振興機構(VIPO)
  • 社団法人 日本レコード協会(RIAJ)